· 

ハーレーサイドカーカスタムペイント

 一応に、ツートンカラーの境目とピンストライプはサンディングして消しました。ここまでやらないと、どんな塗料を使っているか分からないので、この手のペイントをしている場合必ず色の境目とピンストライプは、落とします。さらにサフェーサーをペイントして、サンディングします。そこまでやらないと、塗装後に境目とかストライプのあとが必ず出てきます。

 素人目には分かりづらいですが、ほとんどのパーツが、部分塗装で補修がされていました。結構適当な材料を使って、適当に補修されてる感じでサンディングした時も、ペーパーに塗装が絡みやすかったので、なんとなく塗料が硬化不良をおかしている感じでした。なので、浸透しつつ、シールド性の高いサフェーサーをチョイスして、ツーコートペイントしました。あとは、サンディング可能時間を待ち、丁寧にサンディングしてペイントを初めていきます。