ハーレーバガーキット

ハーレーをカメレオンフレークを使って、     カスタムペイント

 やっと、ペイントまできました。ただオーナーが持ち込んだスチール製のストレッチタンクは、とてもひどかったです。たぶん中国製だと思います、これだったらFRPのタンクカバーの方が、いいと思います。なので、うちでも製品化しようと思います。どんなにひどかったかは、後日作業画像と共に解説していきます。

 ハーレーバガーキット のペイントに入りました。自分的には、アメリカ現地のバガー系ショーバイク見たいな、ツートン系のグラフィック調のペイントが良かったのですが、オーナーが、フレークのカラーサンプルを見て、カメレオンフレークがどうしても、やりたいと言うことで、この色に決まりました。かなりのテクニックがいるフレーク塗装です。時間がたつと、フレークの色が塗料の溶剤に溶け出すために、手際良く素早くペイントしないと、色ムラが出てしまいます。無事終わりましたので、あとは表面を平に中研ぎしてクリヤーをペイントし、フィニッシュします。